東海オンエア10周年で起きた騒動とは?わかりやすく解説!

人気YouTuberが騒動を起こしてしまい悩んでいる様子
この記事で分かること
  • 東海オンエア10周年の節目で起こった騒動の流れ
  • X(旧Twitter)上での関係者のやり取り
  • 騒動後の東海オンエア・UUUMの対応
  • 現在の東海オンエアの状況
  • 今後の東海オンエアのイベント開催予定(10周年イベント・本の発売・一番くじ)

YouTubeの世界では、多くのクリエイターやグループが登場し、消えていきますが、東海オンエアはその波にもまれながらも、日本で最も成功したYouTuberグループの一つとして長年にわたって人気を博してきました。

彼らは、常にユニークでエンターテイメント性に富んだ内容の動画を投稿し、若い世代を中心に幅広い視聴者に支持されてきました。

私の個人的に好きな動画です。

しかし、そんな彼らが突如として大きな騒動に見舞われることになります。

一体何が起きたのか、なぜこれほどまでに話題になったのか。

この記事では、東海オンエアを巡る一連の騒動の流れと、その背景にある社会的な意味合いについて、そして今後の展望、現在の状況まで解説していきます。

目次

騒動の発端

東海オンエアの騒動は、グループのリーダーであるてつやとメンバーしばゆー、そしてしばゆーの妻でありYouTuberでもあるあやなんの間で起こった一連の出来事から始まりました​。

あやなんさんが離婚を宣言した時のポスト
https://twitter.com/TOKAI_ONAIR/status/1713970116424311149
しばゆーさんは事態の収拾をしようと必死にあやなんさんを止めようとしています

彼らの交流はSNSを通じて公にされ、そこから大規模な炎上に発展しました。

そしてしばゆーとあやなんの間の個人的な問題が、てつやを巻き込む形で表面化し、公開の場での衝突に至ったのです。

リサイタルズの収録後、てつやさんからのメッセージがきっかけで、あやなんさんは我慢の限界に達したそうです

この衝突は、東海オンエアがこれまでに築いてきたイメージとは異なるものであり、多くのファンにとって衝撃的な出来事でした。

主な争点

騒動の中心にあるのは、しばゆーとその妻であるあやなん、そしてグループリーダーのてつやの間での複雑な関係です。

あやなんはSNSでしばゆーに対する不満を明かし、「多額の慰謝料請求して絶対に離婚してやる」という強い言葉で離婚の意思を宣言しました​​。

https://twitter.com/modelkidori/status/1713936937915146480

それに応じて、しばゆーは当初はあやなんに対して沈黙を求めていましたが、その後、公の場での対立が激化しました。

https://twitter.com/TOKAI_ONAIR/status/1713974952490352824

さらに、あやなんはてつやが離婚を決意する原因の一端を担っていると示唆し、てつやに対しても「絶対に許さない」と述べ、三者間の緊張が高まりました​。

この個人的な対立はグループ全体に波紋を広げ、ファンやメディアの注目を集める大きな話題となりました。

SNSによる波紋

この騒動は、SNSが大きな役割を果たしています。特にX(旧Twitter)でのしばゆーの過激な発言が火に油を注ぎ、騒動はさらに拡大しました​。

https://twitter.com/TOKAI_ONAIR/status/1714543670803013649
https://twitter.com/TOKAI_ONAIR/status/1714436294552785262

あやなんも自身のXやInstagramを通じて、結婚生活の困難さを訴え、夫婦間の問題がどのようにして公の争いに発展したのかを描き出しています。

2人とも感情がグチャグチャになっており、当時は発言に一貫性が見られない点も見受けられました。

このような個人的な内容がSNS上で公開されることによって、ファンや一般のネットユーザーの間で多くの意見が交わされました。

https://twitter.com/tamago13ko/status/1714705928958996650

多くの人々がこの騒動に関心を持ち、議論を加熱させる中、東海オンエアのイメージとファンとの関係にも影響を及ぼすことになりました。

騒動の影響

東海オンエアの騒動は、単なるメンバー個々の問題を超え、グループ全体に及ぶ影響をもたらしました。

SNS上での公開争いは、彼らの公のイメージに傷をつけ、ファン層に動揺を引き起こす結果となりました。

https://twitter.com/junbounosuke/status/1714544684117499993

また、これまで築き上げてきた信頼という資産にも疑問符が投げかけられ、今後の活動に対する支持が揺らぐ可能性も生まれています。

ファンの反応は様々で、一部は騒動に対して支持的な意見を示す一方で、他の一部のファンは失望感を露わにし、グループに対する批判的な視点を持つようにもなりました。

しかし、この騒動を何とか収めようと、東海オンエア及び、その関係者が動き出します。

沈静化への動き

最初に沈静化に動いたのは東海オンエアのリーダーてつやでした。

この動画では騒動の内容や東海オンエアの活動内容について、今後の騒動の沈静化や東海オンエアについての活動についての報告をしています。

因みに、この動画に対するあやなんさんの反応
https://twitter.com/TOKAI_ONAIR/status/1714174689806004724
段々としばゆーさんも壊れていってしまいます…

また、騒動が一時的にピークに達した後、しばゆーを除く東海オンエアメンバーにより沈静化の試みが行われました。

まずはとしみつさんが直接接触できたことが伺えます。
グループ活動の一時休止を「休憩」と称して、前向きに捉えています。

この動画では、てつやがリーダーとして今回の騒動について謝罪しています。

また、しばゆーについて、病院での診察と治療を受けており、回復に向かっていることを共有しました。

さらに、グループは数カ月間の一時「休憩」を取ることを発表し、その間はメインチャンネルでの動画投稿を休止し、SNSや個人の仕事については継続する方針を示しています​。

この動きは、ファンやメディアによる騒動への注目が高まる中で、グループとしての危機管理能力と対外的なイメージ回復を目指すものだったと言えます。

一方、あやなんはX上で謝罪し、「盛大な喧嘩をしてしまってごめんなさい」と述べ、しばゆーの父からも連絡があったと報じられており、家族が介入して事態の収束を図った様子が伺えます。

しかし後に、

との投稿がなされ、事態の収束を図ったものではなく、自身のSNSを使って自分の気持ちを伝えたい人に伝えてるだけであり、知らない人達には謝ったりしないとの見解を示しています。

事務所の対応

東海オンエアの所属事務所であるUUUMは、この騒動について公式な声明を発表しました。

彼らの謝罪は、所属クリエイターの私生活にまで及ぶ問題への対応という、事務所としての新たな困難を示していると言えるでしょう​。

UUUMは、YouTubeというプラットフォーム上で影響力のあるクリエイターたちを管理することの難しさと、その責任を改めて世間に問いかける形となりました。

UUUM株式会社(ウーム株式会社)
東海オンエアの今後の活動についてのご報告 | UUUM株式会社(ウーム株式会社) いつも東海オンエアを応援してくださりありがとうございます。 この度は東海オンエアのSNSにおけるトラブルについ

クリエイターとメディアの関係

東海オンエアの騒動は、メディアによる炎上のコンテンツ化とSNSの限界という側面からも注目を集めました​。

彼らの問題は、多くのニュースサイトやソーシャルメディアで取り上げられ、YouTubeクリエイターとしての行動の是非、プライバシーの公開範囲、そして公衆の反応の妥当性といったトピックについて広範な議論を呼びました。

特に、クリエイターとメディアの相互作用は重要な役割を持っており、一歩間違えると今回のような騒動に発展しかねないということも示されました。

今後の展望

東海オンエアは、2023年にグループとしての10周年を迎えるにあたり、記念の書籍の出版など、今後の活動に向けて大きな節目を迎えています​。

東海オンエアとしては現在、12月に予定されていた10周年イベントを中止し、しばゆーを含む6人全員で活動を再開できる日を見据えています。

10周年記念本「天啓」も発売を延期することになりました。
一番くじは予定通り開催するようなので、皆さん気張っていきましょう!
2023年11月7日に一番くじに関する動画も配信されました!10月上旬の姿ですが、久々に見ると安心しますね。

しばゆーを除く東海オンエア5名が集まって撮影した上記でも載せた動画でてつやは、しばゆーが今後もグループの一員として残ることを明言し、6人の絆を強調していました。

実際、Xでもしばゆーさんが治療に入り、メンバーとの交流もしている様子が伺えます。

しばゆーさんも投薬治療とデジタルデトックスを始め、療養中。また、東海オンエアに残りたいという言う意思も示しています。
てつやさんもしばゆーさんと接触し、一緒に遊ぶことが出来ており一安心
りょうさんとも一緒にサウナを楽しんでいる様子でこれもまた一安心

ただしこれらの情報は、今後も変化する可能性があり、最新の動向に注目が集まっています。

しかし、この騒動が彼らの将来にどのような影響を及ぼすのかは、まだ不確実な要素が多くあります。

ファンとの関係修復、メンバー間の信頼回復、あやなんとの関係性、事務所との協力関係など、多くの課題が残されているのは事実です。

東海オンエアが無事にYouTubeで元気な姿を見せてくれる日が待ち遠しいですね。

まとめ

今回の東海オンエアを巡る騒動は、SNSの時代における人気YouTubeグループの光と影を浮き彫りにしました。

メンバー間の個人的な問題が公の場に持ち込まれ、ファン、メディア、事務所がそれぞれに反応し、様々な形で影響を及ぼしました。

今回の一連の出来事から、私たちはYouTubeクリエイターの社会的責任、公私の境界線、そしてコンテンツ制作の倫理について考える機会を得たと言えましょう。

東海オンエアは今まで10年間、動画投稿を止めず、ひたすら突っ走ってきました。

ここで思う存分「休憩」を楽しんでもらい、彼らがまたYouTubeの舞台で面白い動画をアップする日を楽しみに、今はその時を待ちましょう。

人気YouTuberが騒動を起こしてしまい悩んでいる様子

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次